デリヘルはまだ新しい風俗産業


デリヘルはまだ新しい風俗産業ブログ:2014-6-21


「朝方、早く起きて一緒に歩かないか?」

主人がそう言ったのは、5年前の秋の終わりのことだった。

ズボンのサイズがきつくなってきて腹周りを気にしている、
なにか運動を始めた方が良いかもしれない…
という話の流れから出た言葉だった。

当時、わしは妊娠中で、安定期にはいっていた。
体重管理と体力作りのために、
やはり身体を動かした方が良いと主治医に言われていたが、
妊娠中にできる運動は限られている。
主人の提案は、渡りに船だった。

こうしてわしたちは、次の日から歩き始めた。

いつもより一時間ほど早く起きて、
まだ薄暗い街の中を歩く…

人気がない住宅街は、ちょっとした異次元空間のように見えた。
住宅街を抜けて川沿いの道に出ると、東の空がほんのり明るくなり始め、
モノクロだった世界は、太陽の光の登場で突然目覚める…

わしたちは、いろいろな話をしながら歩いた。
さわやかな風とまぶしい太陽の光のなかでは、
未来について話すことが最もふさわしいように思う。

生まれてくるお子さんのこと、
理想とする家庭像…
話は尽きることがなかった。

朝方の散歩の効果かどうか、お子さんの出産は安産だった。
主人も、ズボンを買い替えずに冬を乗り切った。

けれど、あの時間がくれた最大のプレゼントは、
わしたちがお互いへの理解を深めたことだった。

とりとめのない会話ではあったが、
これから新しい家族を迎え、一から家庭を築いていく上で、
なくてはならない重要な土台を
二人で作り上げていくことができたように思う。